現在地

国立大学の研究と社会への提供の理想形とは 文科省の通知から紐解く

島田 祥輔(しまだ しょうすけ) | 2015年7月8日 | 2,996 ビュー
国立大学の研究と社会への提供の理想形とは 文科省の通知から紐解く

6月8日、下村文部科学大臣から「国立大学法人等の組織及び業務全般の見直しについて」という通知がありました(*1)。このなかでは、国立大学の強みを発揮するための機能強化や組織改革に積極的に取り組む大学には、運営費交付金を重点配分すると示しています。ただし、組織改革の案のひとつとして、教員養成系学部・大学院、人文社会科学系学部・大学院(以下、教育・人文系)の廃止が提言されており、大きな反響となっています。

 

●運営費交付金を重点配分する3つの取り組み

国立大学は法人化以降、国立大学法人法に基づいて6年ごとに中期目標を定め、その達成度で運営費交付金が配分されます。第3期(2016〜2021年度)の中期目標を定めようとする今回の通知では、以下の3つの取り組みのなかから1つを選択して機能強化を進める大学には、運営費交付金を重点配分する枠組みが新設されました。

(1)人材育成や地域課題解決を通じて地域に貢献する

(2)専門分野で日本や世界をリードする研究を行う

(3)世界トップレベルの教育研究・社会実装を推進する

加えて、組織改革を促進するため、学長のリーダーシップを予算面で強化することも示されています。また、検討会による審議では、保有資産の活用や寄付金などによる収益の獲得といった、財源の多元化や自立的な運営を提案しています(*2)。

 

●組織の見直しとして教育・人文系の廃止を提案

今回の通知では、組織の見直し方法のひとつとして、教育・人文系、司法試験合格率の低い法科大学院の廃止を提案しており、こちらのほうが大きな反響となっています。

この組織見直しは、今回の通知で初めて記されたものではありません。初出は2014年8月に開催された国立大学法人評価委員会(第48回)の配付資料で、「特に教員養成系学部・大学院、人文社会科学系学部・大学院については、(中略)組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換に積極的に取り組むべきではないか」という案が出されています(*3)。

しかし、委員の誰による案なのか明記されておらず、議事録でもほとんど議論されたようすがないため、これらの学部・大学院の廃止を呼びかける根拠が不明確であるのは否めません(*4)。

 

●国立大学における研究活動と、社会への提供の理想形とは

確かに教育・人文系は、科学技術系と比べて、国家として直接の収益力アップにはつながりにくいのかもしれません。しかし、教育・人文系は、科学技術系にはない視点をもっているのも事実です。例えば、生殖補助医療など生命倫理に関する問題は、教育・人文系からの意見も重要です。

そのような視点を社会に提供することもまた、大学の役目ではないでしょうか。文部科学大臣の通知のなかでも、「国民に対する情報提供の改善」として、次のように呼びかけています。

「国立大学法人には多額の公的な資金が投入されていること、成果等が社会に還元されるべきものであることを十分認識し、各法人の実情や果たしている機能等を国民に分かりやすい形で示すとともに、「大学ポートレート」を活用するなど、積極的な情報発信に努めることとする」

近年、科学技術の分野はアウトリーチ活動に力を入れており、さまざまな研究成果を広く国民に提供しています。国民の理解を得ることは世論形成につながり、場合によっては寄付金などの獲得にもつながります。

これは教育・人文系に限らず、科学技術系の基礎研究分野にも当てはまるのではないでしょうか。国立大学における研究活動と、社会への提供について、どのようなかたちが理想なのでしょうか。ご意見をお待ちしております。

 

●参考資料

(*1)国立大学法人等の組織及び業務全般の見直しについて(通知)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/062/gijiroku/__icsFiles/afieldfile/2015/06/16/1358924_3_1.pdf

組織の見直しは3ページ、運営費交付金の重点配分、国民に対する情報提供の改善は8ページに記載

 

(*2)「第3期中期目標期間における国立大学法人運営費交付金の在り方について(審議まとめ)」の公表について
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/062/gaiyou/1358931.htm

財源の多元化は17ページに記載

 

(*3)国立大学法人評価委員会(第48回) 配付資料2-1「国立大学法人の組織及び業務全般の見直しに関する視点」について(案)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kokuritu/gijiroku/1350876.htm

組織の見直しは2ページに記載

 

(*4)国立大学法人評価委員会(第48回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kokuritu/gijiroku/1354383.htm

Tags

再投稿

この記事がお気に入りですか?皆に紹介しましょう!
知識は、あらゆる人に開かれるべきです。私たちは、購読者の皆さんが記事を紹介し、ウェブに再掲載し、プリントすることを推奨します。我々のクリエイティブコモンズ・ライセンスにより、それらの活動を、無料で行うことが可能です。その際、次の基本ガイドラインを守って頂くようお願いいたします:
  • 帰属:必ず著者名を明記してください。著者たちは、この記事を書くために多大な時間と労力を費やしています。
  • エディテージ・インサイト:出典元として、「エディテージ・インサイト」と明記してください。
  • ティーザー広告の活用:記事の数行のみを掲載し、「記事全文はエディテージ・インサイトでお読みください」と言うことも可能です。記事のリンクを貼るのをお忘れなく!
  • 画像の再使用:我々の記事の写真を再掲載する際は、オリジナル画像の出典元から事前に許可を得るか、またはクレジットを明記することが必要な場合があります。
  • 手軽で便利な埋め込みコード:下記の埋め込みコードを使うと、この記事をあなたのホームページで簡単にシェアできます。

 

上記のコードをコピーし、ご自身のウェブサイトに貼りつけてご利用ください。