現在地

「再現性の危機」― 検証プロジェクトで浮き彫りに

Sneha Kulkarni | 2017年8月28日 | 4,914 ビュー
「再現性の危機」― 検証プロジェクトで浮き彫りに

Reproducibility Project: Cancer Biology(再現性検証プロジェクト: がん生物学)が、最初に再現を試みた5本の論文についての結果を発表し、生物学界に嵐を巻き起こしています。eLife誌に掲載された今回の結果は、再現に成功したのは5本中2本だけで、残りの1本は再現不可能、2本は「解釈不能な結果」というものでした。


出版論文の再現を試みたのは、同プロジェクトが初めてではありません。2012年には、バイオテクノロジー企業のアムジェンが、がん研究に関する画期的な研究論文53本のうち、47本の再現に失敗したことを報告しています。この取り組みに触発されたScience ExchangeCenter for Open Science が主体となって、再現性検証プロジェクトが発足しました。同プロジェクトは、2010~2012年に出版された前臨床段階にある影響力の大きい論文29本の再現性の検証を目的としています。また、アムジェンのプロジェクトとは異なり、再現性検証プロジェクトによる結果は無料で公開されます。


今回のプロジェクトで検証された論文とその結果を、以下に紹介します:

  • 再現に成功した論文:

Discovery and preclinical validation of drug indications using compendia of public gene expression data」スタンフォード大学計算生物学者、アトゥル・ビュート(Atul Butte)氏ら

BET Bromodomain inhibition as a therapeutic strategy to target c-Myc」ダナ・ファーバーがん研究所、コンスタンティン・ミトシアデス(Constantine Mitsiades)氏ら

  • 解釈不能な結果に終わった論文:

「 Melanoma genome sequencing reveals frequent PREX2 mutations」ダナ・ファーバーがん研究所、ペタル・ストヤノフ(Petar Stojanov)氏ら

The CD47-signal regulatory protein alpha (SIRPa) interaction is a therapeutic target for human solid tumors」スタンフォード大学幹細胞生物学者、アーヴィン・ワイズマン(Irving Weissman)氏ら

  • 再現不可能と断定された論文:

Coadministration of a tumor-penetrating peptide enhances the efficacy of cancer drugs」サンフォードバーナムプレビス医学研究所(カリフォリニア州)がん生物学者、エルキ・ルースラーティ(Erkki Ruoslahti)氏ら


同プロジェクトは、出版論文の方法論の詳細が不足していることを明らかにでき、また表面的な結果を鵜呑みにしないよう研究者を啓発できるとして、生物学者をはじめとする多くの研究者が支援を表明しています。一方、生物学研究は複層的に込み入っているため、再現が極めて難しいということを強調する研究者もいます。そうした研究者は、再現実験に失敗した研究が永久に再現不可能なものとして扱われることに懐疑的な見方を示しています。同プロジェクトのアドバイザーを務めるスタンフォード大学(カリフォリニア州パロアルト)の疫学者ジョン・イオアニーディス(John Ioannidis)氏は、今回の結果を次のように総括しています。「分かったのは、再現性の問題が確かに存在するという事実です」。


参考資料:

Rigorous replication effort succeeds for just two of five cancer papers

Cancer reproducibility project releases first results

再投稿

この記事がお気に入りですか?皆に紹介しましょう!
知識は、あらゆる人に開かれるべきです。私たちは、購読者の皆さんが記事を紹介し、ウェブに再掲載し、プリントすることを推奨します。我々のクリエイティブコモンズ・ライセンスにより、それらの活動を、無料で行うことが可能です。その際、次の基本ガイドラインを守って頂くようお願いいたします:
  • 帰属:必ず著者名を明記してください。著者たちは、この記事を書くために多大な時間と労力を費やしています。
  • エディテージ・インサイト:出典元として、「エディテージ・インサイト」と明記してください。
  • ティーザー広告の活用:記事の数行のみを掲載し、「記事全文はエディテージ・インサイトでお読みください」と言うことも可能です。記事のリンクを貼るのをお忘れなく!
  • 画像の再使用:我々の記事の写真を再掲載する際は、オリジナル画像の出典元から事前に許可を得るか、またはクレジットを明記することが必要な場合があります。
  • 手軽で便利な埋め込みコード:下記の埋め込みコードを使うと、この記事をあなたのホームページで簡単にシェアできます。

 

上記のコードをコピーし、ご自身のウェブサイトに貼りつけてご利用ください。