現在地

統計報告

あなたにぴったりのコンテンツが見つかるエディテージ・インサイトへ登録しよう
エキスパート
Free
By Jayashree Rajagopalan | 2017年08月17日
カテゴリー 学術業界リーダー | 2,986 Views
平均: 0
「再現不可能性の問題は深刻ですが、誤解されている面もあります」
2016年Sentinels of Science(科学の門番)賞を受賞。医学統計学の教授や上級講師として、ルンド大学(スウェーデン)など複数の学術機関で勤務し、現在は独立統計コンサルタントとして活動。Osteoarthritis and Cartilage誌の副編集長、British Journal of Surgery誌の統計編集者、Acta Orthopaedica誌の統計コンサルタント、... もっと読む
記事
Free
By マリーシャ・フォンセサ | 2016年09月23日
カテゴリー スタイルとフォーマット, 論文構成 | 20,203 Views
平均: 0
研究の有意性とは?p値に頼るべきでない理由
研究論文でもっともよく使われている統計値は、もっとも誤解され、誤用されているかもしれません。その統計値とは、p値のことです。アメリカ統計学会が、「統計的優位性とp値に関する声明」を発表し、p値の適切な利用と解釈に関する6つの原則を挙げています。
記事
Free
By Sneha Kulkarni | 2015年10月26日
カテゴリー 学術業界ニュース | 27,211 Views
平均: 5
T&F社のBASP誌がP値の使用禁止を発表
P値は帰無仮説検定の基本として広く利用されており、統計学的妥当性を見るための「至適基準」と言われてきましたが、これに対して批判的な専門家も多く存在します。賛否両論ある中、T&F社のBASP誌が、帰無仮説有意性検定およびそれに類する統計学的処理の使用を禁止しました。
エキスパート
Free
By Editage Insights | 2015年02月13日
カテゴリー 学術業界リーダー | 19,614 Views
平均: 0
ジョー・ロイスリエン氏:「生物統計学者には最高の時!」
ジョー・ロイスリエン氏は、テレビやラジオ、印刷メディアに頻繁に登場している世界的に著名な科学領域のコミュニケーターです。彼は、複雑系トピックや知識の普及、それに彼自身の研究をコミュニケートするために講義をしています。 このインタビューは、3部に分かれており、最初の部分では、データと統計分析の特性に関する有意義な洞察が述べられています。
記事
Free
By マリーシャ・フォンセサ | 2015年01月15日
カテゴリー 論文出版バズワード | 10,201 Views
平均: 0
学術専門のコピー・エディター
現在、多くのジャーナル論文に統計的不備があります。統計的データを誤って報告することに対し、ジャーナル・エディターと研究者の不安は次第に増しています。

Dr.EddyのQ&Aコーナー

 研究者Q&A