現在地

研究の非再現性

あなたにぴったりのコンテンツが見つかるエディテージ・インサイトへ登録しよう
記事
Free
By Jayashree Rajagopalan | 2017年12月11日
カテゴリー 学術業界ニュース | 6,719 Views
平均: 0
データ共有を拒んだ著者の論文査読を拒否:査読者の対応に賛否
心理学の分野で起きている、データシェアリングと透明性に関する論争が、再び世間の注目を集めています。米国心理学会(APA)が発行するジャーナルのある顧問編集者が、元データの共有を拒んだ著者の論文の査読を拒否したことを理由に、辞職を迫られています。
記事
Free
By Sneha Kulkarni | 2017年08月28日
カテゴリー 学術業界ニュース | 5,567 Views
平均: 0
「再現性の危機」― 検証プロジェクトで浮き彫りに
再現性検証プロジェクトが、再現を試みた5本の論文についての結果を発表し、生物学界に嵐を巻き起こしています。今回の結果は、再現に成功したのは5本中2本だけで、残りの1本は再現不可能、2本は「解釈不能な結果」というものでした。
エキスパート
Free
By Jayashree Rajagopalan | 2017年08月17日
カテゴリー 学術業界リーダー | 3,316 Views
平均: 0
「再現不可能性の問題は深刻ですが、誤解されている面もあります」
2016年Sentinels of Science(科学の門番)賞を受賞。医学統計学の教授や上級講師として、ルンド大学(スウェーデン)など複数の学術機関で勤務し、現在は独立統計コンサルタントとして活動。Osteoarthritis and Cartilage誌の副編集長、British Journal of Surgery誌の統計編集者、Acta Orthopaedica誌の統計コンサルタント、... もっと読む
記事
Free
By Sneha Kulkarni | 2017年02月09日
カテゴリー 論文出版バズワード | 8,137 Views
平均: 0
本当に「再現性の危機」は存在するのか?:ネイチャーによる調査結果の概要
出版論文の研究結果が再現できないこと(非再現性)はしばしば議題となるテーマであり、これは現代科学が直面する危機だと言われることもよくあります。そんな中、再現性について合意された定義がないこと、そして問題の背景や解決方法についての多様な意見が十分ではないことから、ネイチャーがアンケート調査を行いました。
記事
Free
By Sneha Kulkarni | 2017年01月26日
カテゴリー 論文出版バズワード | 5,887 Views
平均: 0
「再現不可能性」:統一された定義がないことが問題?
再現不可能性は、近年の科学においてもっとも厄介で懸念すべき問題だという見方が急速に強まっています。その主な理由は、「再現可能性」という言葉に統一された定義がないためです。
記事
プレミアム記事
By Sneha Kulkarni | 2016年10月13日
カテゴリー 論文出版バズワード | 6,749 Views
平均: 0
「科学的疑問の提示」が科学に悪影響を及ぼす?
科学は常に進化しているため、既定の事実に疑問を投げかけ、科学的記録を訂正していく作業は欠かせないものです。一方で、透明性という名目のために研究者が過度な要求に対応しなければならず、肝心の研究に集中できなくなる事態が引き起こされているという主張もあります。
記事
プレミアム記事
By Sneha Kulkarni | 2016年10月05日
カテゴリー 論文出版バズワード | 245,088 Views
平均: 0
臨床試験を無意味にする「結果のすり替え」とは
臨床試験は、新しい薬や治療法や機器を開発し、それらを普及させる前に安全性と効果をテストするための重要な研究手段だと考えられています。ところが、「結果のすり替え」行為が横行している現状があります。

Dr.EddyのQ&Aコーナー

 研究者Q&A