現在地

ピアレビュー・ウィーク2017に参加しよう!

Sneha Kulkarni | 2017年9月12日 | 814 ビュー
ピアレビュー・ウィーク2017に参加しよう!

ピアレビュー・ウィークは、学術出版において中心的役割を果たしている「査読(ピアレビュー)」に光を当てるための、世界的なイベントです。201791117に開催される本イベントの今年のテーマはTransparency(透明性)」。期間中は、査読の重要性に関する啓発、編集者や査読者の仕事、研究内容のシェア、最善の出版慣行の理解、最新の動向など、さまざまなテーマに焦点を当てたイベントが催されます。


エディテージ・インサイトとピアレビュー・ウィーク2017

エディテージ・インサイトは、ピアレビュー・ウィーク2017の組織委員会の一員であり、 8th International Congress on Peer Review and Scientific Publication (第8回査読と科学出版に関する国際会議:9月10~12日、米シカゴ)での出展も行います。そのため、ピアレビュー・ウィーク中は、査読に関する重要な議論やキーパーソンの意見をリアルタイムで聴くことができます。私たちは、ピアレビュー・ウィークの支援者としてさまざまな活動に参加し、査読に関する最良のリソースと最新の情報を皆様にお届けします。


ピアレビュー・ウィーク情報をメールでお届け

本イベントには、多くの方々に参加して頂きたいと思っています。査読に関する最新情報を把握するために、エディテージのピアレビュー・ウィーク・アップデートメールに、ぜひご登録ください。


登録すると、ピアレビュー・ウィークに関するさまざまな重要情報を収集・整理した以下のようなメールが、9月11~17日の期間中に1日1通届きます:
 

·         International Congress on Peer Review and Scientific Publication(査読と科学出版に関する国際会議)の速報

·         SNSで話題になっている、査読に関するディスカッション

·         エディテージの編集者が選ぶ、その日のベスト記事

·         エディテージによるピアレビュー・ウィークの総括(期間終了後)

 

ピアレビュー・ウィークのウェブサイトに掲載されているエディテージ・インサイトのリソース

ピアレビュー・ウィークのウェブサイトの Reviewer Resourcesセクションに掲載されている、査読に関するエディテージのリソースにぜひアクセスしてみてください。


査読に関する無料ウェビナー

本年度のテーマを踏まえ、査読者、編集者、出版社、出版責任者に向けた、「Digging deeper into peer review scams(不正査読を掘り下げる)」と題した無料ウェビナーが開催されます。不正査読に繋がる要因や、その回避方法に興味がある方はぜひご参加ください!お申し込みはこちらからどうぞ。


イベントへの参加、フォロー方法

ピアレビュー・ウィークは、すべての人に無料で公開されています。参加方法は以下の通りです:
 

·         ピアレビュー・ウィーク2017の期間中(9月11~17日)に毎日届くアップデートメールに登録する。

·         査読に関する無料ウェビナーに参加する。

·         Twitterでハッシュタグ#EditageInsights#TransparencyInReview#PeerRevWk17をフォローする。

·         エディテージ・インサイトの査読関連記事をSNSでシェアする。


ピアレビュー・ウィークのさらに詳しい情報については、こちらをご覧ください。


ピアレビュー・ウィークとは: 査読への理解を深めるために、さまざまな機関が集まって継続的にディスカッションを行うために催される、世界的イベントです。今年で3度目の開催となるピアレビュー・ウィークの組織委員会は、エディテージ・インサイトORCIDScienceOpenPRE(Peer Review Evaluation)Sense About Scienceワイリーシュプリンガー・ネイチャー出版倫理委員会(COPE)など、学術出版に携わる出版社、組織、機関で構成されています。

再投稿

この記事がお気に入りですか?皆に紹介しましょう!
知識は、あらゆる人に開かれるべきです。私たちは、購読者の皆さんが記事を紹介し、ウェブに再掲載し、プリントすることを推奨します。我々のクリエイティブコモンズ・ライセンスにより、それらの活動を、無料で行うことが可能です。その際、次の基本ガイドラインを守って頂くようお願いいたします:
  • 帰属:必ず著者名を明記してください。著者たちは、この記事を書くために多大な時間と労力を費やしています。
  • エディテージ・インサイト:出典元として、「エディテージ・インサイト」と明記してください。
  • ティーザー広告の活用:記事の数行のみを掲載し、「記事全文はエディテージ・インサイトでお読みください」と言うことも可能です。記事のリンクを貼るのをお忘れなく!
  • 画像の再使用:我々の記事の写真を再掲載する際は、オリジナル画像の出典元から事前に許可を得るか、またはクレジットを明記することが必要な場合があります。
  • 手軽で便利な埋め込みコード:下記の埋め込みコードを使うと、この記事をあなたのホームページで簡単にシェアできます。

 

上記のコードをコピーし、ご自身のウェブサイトに貼りつけてご利用ください。