現在地

クラリベイト・アナリティクス社、Journal Citation Reports(JCR)2017をリリース

Sneha Kulkarni | 2017年6月30日 | 14,520 ビュー
クラリベイト・アナリティクス社、Journal Citation Reports(JCR)2017をリリース

クラリベイト・アナリティクス社は先日、待望のJournal Citation Reports (JCR)2017を公開しました。この中には、被引用数の多い査読付き論文などに関する情報が含まれており、その評価は、インパクト指標、影響力指標、およびWeb of Science(33,000誌以上の引用情報を含む総合ネットワーク)の引用データに基づいて行われます。JCRは、平均的な論文の過去2年間の被引用回数に基づいて算出されるジャーナルインパクトファクター(JIF)のソースでもあります。


JCR2017は、2016年における科学・社会科学の論文引用データをまとめたものです。以下は、同社によるプレスリリースの要点をまとめたものです:
 

  • JCRには、11,459誌、236分野、81ヶ国のデータが含まれている。
  • 今年初めてJIFが算出されたジャーナルは132誌。
  • 数年間に渡ってJIFが上昇し続けているジャーナルは全体の66%(33%は低下)。
  • JIFがもっとも高かったジャーナルとオープンアクセスジャーナルはそれぞれ、Quarterly Journal of Economics (99.856)と Lancet Global Health(99.699)。[( )内はパーセンタイル値]
  • JIFの総合スコアがもっとも上昇した分野はロボット工学。 


JCRには、InCites(Web of Scienceのデータを基にしたウェブベースの統合型プラットフォーム)からアクセスできます。クラリベイト・アナリティクス社のプレスリリースによると、研究機関は、JCR Journal Impact Factorの四分位値を利用して、所属研究員の論文の影響度を評価することができます。この値は、InCites Benchmarking & Analyticsに追加されることになっています。


関連記事: 

トムソン・ロイター、Journal Citation Reports(JCR)2016をリリース

インパクトファクター関連記事集 

変わりゆく学術界におけるインパクトファクターの”インパクト”

再投稿

この記事がお気に入りですか?皆に紹介しましょう!
知識は、あらゆる人に開かれるべきです。私たちは、購読者の皆さんが記事を紹介し、ウェブに再掲載し、プリントすることを推奨します。我々のクリエイティブコモンズ・ライセンスにより、それらの活動を、無料で行うことが可能です。その際、次の基本ガイドラインを守って頂くようお願いいたします:
  • 帰属:必ず著者名を明記してください。著者たちは、この記事を書くために多大な時間と労力を費やしています。
  • エディテージ・インサイト:出典元として、「エディテージ・インサイト」と明記してください。
  • ティーザー広告の活用:記事の数行のみを掲載し、「記事全文はエディテージ・インサイトでお読みください」と言うことも可能です。記事のリンクを貼るのをお忘れなく!
  • 画像の再使用:我々の記事の写真を再掲載する際は、オリジナル画像の出典元から事前に許可を得るか、またはクレジットを明記することが必要な場合があります。
  • 手軽で便利な埋め込みコード:下記の埋め込みコードを使うと、この記事をあなたのホームページで簡単にシェアできます。

 

上記のコードをコピーし、ご自身のウェブサイトに貼りつけてご利用ください。