現在地

エディテージ・インサイトに登録して、専門家から 論文投稿のアドバイス を受けましょう!

話題のトピック

学術出版界で話題となっている最新トピックは何でしょうか? 世界ではどのような重要研究が進んでいるのでしょうか? 世界各国の研究トレンドは何でしょうか? ジャーナル編集者や研究者は学術出版の最新トピックについて、どのような発言をしているのでしょうか? 最新ニュースを読んで、学術出版界の最新トレンドを入手しましょう。
強制引用の要求にどう対処すべきか
閲覧済み
一般に強制引用の要求は、論文が「要修正」の判定を受けた際に、その他の修正要求とともに伝えられます。著者は、これらの要求にどう対応すべきでしょうか。本記事では、編集者から強制引用を求められた場合の対処法をご紹介します。
閲覧済み
既に国内で学会発表した同じデータを使って、分析方法を変えて、内容をより深めて、国際学会に学会発表することは出来ますか?
  • Anonymous
  • 2017年11月6日
  • 3,505 ビュー
閲覧済み
新しい国内のオープンアクセス誌に投稿しました。しかし、ScopusにISSN番号を入力しても0件の結果しか出ません。これはどういう状態でしょうか?急に心配になりました。
  • Anonymous
  • 2017年11月2日
  • 952 ビュー
閲覧済み
Clinics in Mother and Child Healthに論文を投稿しようと考えてます。雑誌の選定理由は、時々その雑誌の論文を読んでいたのと、オープンアクセス紙の中では投稿料が高くはないこと、インパクトファクターがあったことで選定しました。しかし、Pub MedやWeb of Scienceでは検索できず、Google scholarのみ検索が可能です。所属機関からハゲタカ雑誌への注意喚起がなされており、この雑誌がハゲタカ雑誌がどうか心配になりました。この雑誌がハゲタカ雑誌かどうかをどのように見分けたらよいか教えて下さい。
  • Anonymous
  • 2017年10月27日
  • 2,159 ビュー
編集者からの「強制引用」の要求を見分けるには
閲覧済み
科学的不正行為の問題は広く取り上げられるようになっていますが、不正を働くのは著者だけではありません。編集者による代表的な不正として挙げられるのが、引用文献を意図的に操作する「強制引用」と呼ばれる行為です。
閲覧済み
私は餌に化合物を添加し動物への影響を見る実験を行なっている者です。 タイトルの件ですが、例えばアルツハイマーと胃癌の両方を自然発症するマウスに対し、 それら二つの発症抑制に有効性が示唆されている化合物を摂食させ 結果を見ようとする場合、 実験1 アルツハイマーに対する化合物Aの影響 実験2 胃の発癌に対する化合物Aの影響 と別々の実験計画を一つの動物実験で完了することが可能でしょうか? 実験1では脳のみを摘出し結果・考察まで行う 実験2では胃を含む消化器を摘出し結果・考察までを行う を予定しています。 症状に共通点が見出されていないため 一つの論文で両方の結果をカバーすることは難しいことや 実験動物数の削減の観点から一つの実験で二つの論文を考えていたのですが この計画が倫理的に問題ないか(なかったとしてもマナーとして大丈夫か)などを 教えていただけますか?
  • Anonymous
  • 2017年10月19日
  • 1,293 ビュー
2017年をORCIDの年にしよう!
閲覧済み
論文の投稿時やジャーナルの査読者として登録するときに「ORCID iD」を求められた経験はありませんか?著者や査読者がORCID iDという個人識別子を持つことで、自分自身とその研究活動を結び付け、研究者としての情報を提示することができます。
「この論文が正しいなら、現在の経済学は成り立たない」
閲覧済み
学術出版の最前線で戦っている人々にとって、厳しいフィードバックは日常茶飯事です。ノーベル経済学賞受賞者のジョージ・アカロフ氏も、キャリアの最初の頃は、論文のリジェクトという学術界の厳しい洗礼を受けていました。
閲覧済み
論文発表前の研究内容について、先だって海外の学会と日本の学会両方で発表することは問題ないでしょうか?また、国内の別の学会であっても類似した分野をカバーしていると、同様の内容で複数回発表している演題を見ることがありますが、守るべきルールはありますか?
  • Anonymous
  • 2017年9月7日
  • 2,265 ビュー
閲覧済み
論文を投稿中に転院になり、所属が変わってしまいました。その場合、現在の所属にするべきか、以前のままでよいものいでしょうか?また、以前の所属中の研究で投稿前に転勤になった場合、転勤先の所属にするべきでしょか?
  • Anonymous
  • 2017年9月4日
  • 1,255 ビュー

ページ