現在地

エディテージ・インサイトに登録して、専門家から 論文投稿のアドバイス を受けましょう!

文法と執筆

文章の拙劣さが理由でジャーナルからリジェクトされることは珍しくありません。ここでは、次のようなテーマを扱います:科学論文の執筆における用語選択、研究論文のよくあるミス、科学論文の質を上げる執筆のコツ、分野別の専門用語の慣例的用法、名詞・動詞・時制・態・句読点・記号の使い方など。
閲覧済み
論文中に以下の記述があったのですが、non-uniformityとnon-homogeneityの違いがよく分かりません。
  • Anonymous
  • 2017年9月20日
  • 456 ビュー
閲覧済み
論文を担当してもらっている編集者から、英語表現を改善するよう求められています。具体的には、「the」の使い方を指摘されており、しかるべき場所に「the」が抜けていたり、誤用が散見されるとのことです。
  • Anonymous
  • 2017年9月19日
  • 7,293 ビュー
閲覧済み
「同じ刺激によって同じ結果を得ている2つの論文がある」ことを書く場合、どの時制を使うべきですか?
  • Anonymous
  • 2017年9月4日
  • 33,570 ビュー
閲覧済み
論文のキーワードは,タイトルの単語と重ならないほうがいいのでしょうか?重ならないほうが良いと聞いたこともありますし,重なっても重要な単語を入れるべきとも聞いたことがあります。一般的には,どうなのでしょうか?
  • Anonymous
  • 2017年6月14日
  • 1,285 ビュー
閲覧済み
私は非英語ネイティブのベトナム人で、ハノイで化学工学の講師をしています。今論文を書いているのですが、実験方法の説明や、アブストラクト、結果、考察のセクションを書くのに必要な文法体系の知識が不足していて思い通りの表現ができません。何かアドバイスを頂ければ幸いです。
  • Anonymous
  • 2017年4月12日
  • 9,288 ビュー
閲覧済み
国際ジャーナルに初めて論文を投稿する準備をしています。しかし私の第一言語は英語ではないため、文章にはある程度の模倣が含まれてしまいます。剽窃を避けるため、効果的なパラフレーズの方法を知りたいと思います。アドバイスをお願いします。
執筆に関する詳細なガイドラインや語法・文法が記載されているシカゴ・マニュアルは、学術論文を執筆する人々に広く親しまれています。シカゴ大学出版局が作成したこのシカゴ・マニュアルの紹介ビデオは、執筆者、学生、図書館員、ビジネスマンをはじめ、マニュアルの使い方に関心を持つすべての人を対象とし、それぞれの作業をサポートする目的で作成されています。最初にマニュアルの概要が紹介され、その使い方が説明されます。続いて、オンライン版マニュアルについて紹介するとともに、もう1つのオンライン資料であるScientific Style and Format Onlineに触れます。そして最後に、オンライン版シカゴ・マニュアルまたはScientific Style and Format Onlineを無料でお試し頂ける情報が伝えられます。 シカゴ・マニュアルとScientific Style and Formatについては、こちらの情報も参照ください。
閲覧済み
査読者のコメントに対応していくうちに、規定の字数制限を超えてしまいました(55,000文字のところ、67,000文字に)。字数制限の超過についてはcase-by-caseで考慮する、とガイドラインには書かれてあります。エディターにこの超過を考慮してもらいたいとき、どのような文章を送ればよいのでしょうか。
科学論文での大文字と小文字の使い方:基本中の基本
閲覧済み
科学論文では、大文字を過度に使用しているケースが多く見受けられます。これは、その逆のケースよりも多く見られます。多くのスタイルガイドが大文字使用について説明しているということは、その問題がかなり一般的であることを示しています。
閲覧済み
単語の正確な使用法をご説明します。資料をこちらからダウンロード出来ます。

ページ