現在地

あなたにぴったりのコンテンツが見つかるエディテージ・インサイトへ登録しよう

英文校正の専門家

科学編集者の欲しいものリスト
閲覧済み
科学編集者の作業の効率化に役立つ情報(リソース)について、経験に基づいた意見が紹介されています。科学編集者が欲しいものとは何でしょうか?
「良い論文からは、著者の思いが伝わってくるものです」
閲覧済み
神経科学の博士号を持つクリスティン・ティマー博士は、学術分野の研究・執筆・レビューで6年の経験を積んでいます。
「明確な文章は明確な思考から生まれる」
閲覧済み
微生物学の博士号を持つアヌラダ・アルハリ氏は、20年間に渡って生物化学、感染症疾患、神経生物学などの分野でポスドクとして様々な研究に携わり、査読付きジャーナルで18本の論文を出版しました。医療分野のコミュニケーションと臨床研究規制に関する執筆のトレーニングを修了して、ヨーロッパメディカルライター協会(EMWA)の認定を取得した他、米国のBELS認定も取得した、プロの科学編集者です。
閲覧済み
キャロライン・バントン氏は学術論文の分野において、プロのライターやエディターとして15年の経験があります。また、世界銀行にて社内の論文出版部門のアシスタント・エディターとして働いた経験もあります。
閲覧済み
ニコレット・パパステファノウはコミュニケーション/広報マネージメントの分野のPhDを保持しています。学術論文執筆、研究、査読、レクチャーにおいて、14年以上のキャリアを持っています。テキストブック“Human Communication: Principles and Contexts”も出版しています。
閲覧済み
マーティン・マッカーヴィル(Martin McCarvill)言語学の修士号を持ち、学術論文執筆、編集、校正においては7年間の経験があります。
閲覧済み
ミッチェル・ベランジャー(Michelle Belanger)は研究、メディカルライティング、 校正分野において6年間の経験がある医師です。
閲覧済み
英文校正エディテージのシニア英文校正者を務めるスナイナ・シンを紹介します。PhD保持者の彼女は、自身の著作も出版しています。 インドのパンジャブ農業大学作物学部を卒業後、ニューデリーにあるインド農業研究所で植物遺伝資源の修士課程を専攻しました。そこでは修士論文のテーマである分子マーカーを用いたインド産マンゴーの生殖質の遺伝的多様性の分析を行いました。その後も研究を続け、マンゴーの木の地理的・遺伝的際についての研究を深め、博士号を取得しました。
私がレビューする論文のほとんどが、質の高い研究です
閲覧済み
エリン・リアドン博士はご自分のキャリアを「制作中の作品」と呼ぶのが好きです。というのも、学びとは生涯にわたるプロセスだと考えているからです。博士は大学で4年余りを過ごし、自分の功績になる論文を11本も発表しています。研究歴の当初は、生理生態学に注目し、熱帯の淡水魚に及ぼす低酸素状態の影響に関心を持っていました。
閲覧済み
エディターのバリー・ライトは経験豊富で多彩なキャリアの持ち主です。彼はこれまで22本の論文を出版してきました。エディターとして計12年の経験があります。環境・健康微生物学の博士号を取得した後、コペンハーゲンのStatens Seruminstitutにてポスドクのポジションを手に入れました。ポスドクを終えたあとは、化学系の会社で論文に取り組み、薬学の世界へと足を踏み入れました。その後、生体内における分子抗感染症薬の実験に取り組む研究チームを率いた経験もあります。

ページ