現在地

学術誌 “Blood”の概要と投稿時のアドバイス

目的と研究領域

血液学のあらゆる側面に関する原著論文を掲載。対象分野は、白血球疾患(良性・悪性)、赤血球疾患、血小板疾患、止血のメカニズム、血管生物学、免疫学、血液腫瘍学など。

出版社

アメリカ血液学会 (American Society of Hematology)

発行頻度

週刊 (年51号発行。第1巻:1~6月/第2巻:7~12月)。1946年から定期刊行されている。

編集情報

編集主幹(Editor-in-chief)は、ロッテルダム(オランダ)のエラスムス大学医療センター血液学部長であるボブ・ローウェンバーグ(Bob Löwenberg)氏。同氏の研究は、発生における診断法と治療法に研究の重点を置いている。とくに、単一および複数施設での治験における急性骨髄性白血病を重視し、分子多様性を考慮しながら新たな病原体や治療方法を評価している。編集主幹を支えるのは、副編集者1名、特別部門編集者2名、編集者16名、総勢100名の編集委員。

詳細はこちら: www.bloodjournal.org/page/about-blood/editorial-board-and-staff


出版基準

ヒトの免疫生物学に重点が置かれていて、正常または悪性の血液学的プロセスについて現在の理解を前進させる論文が好ましい。ジャーナルの対象領域は、厳密に規定されている。下記サイトを参照。
www.bloodjournal.org/page/authors/author-guide/journal-scope


Bloodでは、以下の14種類の論文を掲載している。

• 通常の論文(Regular article)

• 短報(Brief report)

• e-Blood:仮説を検証するのではなく、価値の高いデータセットや新方法のレポートを提供することで他の人が仮説を立てることを促す、優れたデザインのシステム生物学研究。この論文は、「全体の引用が可能であり、Bloodの正式な出版物とみなされる。通常の厳しい査読を経て、Bloodに掲載されるその他の論文とまったく同じように編集・構成され、最終版がオンラインに掲載されると印刷版の目次にも掲載される」。

• レビュー論文 (Review article)

• 視点 (Perspective)

• スポットライト(注目)(Spotlight): 「発展段階にある科学理論およびや臨床の進展、あるいは特定のテーマにおける最新の飛躍的進展に注目した論文」。通常は編集主幹の招待により執筆される。

• 私の治療法 (How I Treat)

• エビデンスに基づいた集中的レビュー(Evidence-based Focused Review)

Blood ワーク(Blood Work)

Blood フォーラム (Blood Forum)

Blood へのレター (Letters to Blood)

• 電子版レター(e-letters)

Bloodの内側に関する解説(Inside Blood Commentary)

Bloodの省察 (Blood Reflections)


編集方針と投稿規定

原稿はすべてhttp://submit.bloodjournal.org/から投稿する。初めて投稿する著者は、投稿プロセスを開始する前にアカウントを作成する必要がある。


査読プロセス

編集部の判定は、「論文の技術面における価値だけでなく、公表の優先度、内容の提示方法、ジャーナルの一般読者にとっての重要性といった要素に基づいて行われる」。年間5000本以上の投稿を受け付けている。一次判定は通常、20日以内に出される。ただし、魅力がない、あるいはジャーナルの対象領域に合わないとみなされた論文は、査読なしで即座にリジェクトされることもある。


スムーズな出版のために

よくある質問(FAQ)を含め、将来の著者向けの案内を数多く用意している。2008年から2012年にBloodの編集主幹を務めたシンシア・E・ダンバー(Cynthia E. Dunbar)氏のアドバイス、「あなたの論文をBloodに掲載する方法」というウェブページも設けられている(動画あり):www.bloodjournal.org/page/authors/how-get-your-paper-published-blood

書式はおおむねAMA Manual of Style (第10版) に従っているが、独自の書式規定(スタイルガイド)で補足されている。詳細はこちら:www.bloodjournal.org/page/authors/style-guide


インパクトファクター

2014年:10.452


便利なリンク集

ジャーナルのウェブサイト: www.bloodjournal.org

論文投稿: http://submit.bloodjournal.org

著者へのアドバイス: www.bloodjournal.org/page/authors/how-get-your-paper-published-blood

著者向けガイドライン: www.bloodjournal.org/page/authors/author-guide

ジャーナルの対象領域: www.bloodjournal.org/page/authors/author-guide/journal-scope

編集委員会: www.bloodjournal.org/page/about-blood/editorial-board-and-staff

再投稿

この記事がお気に入りですか?皆に紹介しましょう!
知識は、あらゆる人に開かれるべきです。私たちは、購読者の皆さんが記事を紹介し、ウェブに再掲載し、プリントすることを推奨します。我々のクリエイティブコモンズ・ライセンスにより、それらの活動を、無料で行うことが可能です。その際、次の基本ガイドラインを守って頂くようお願いいたします:
  • 帰属:必ず著者名を明記してください。著者たちは、この記事を書くために多大な時間と労力を費やしています。
  • エディテージ・インサイト:出典元として、「エディテージ・インサイト」と明記してください。
  • ティーザー広告の活用:記事の数行のみを掲載し、「記事全文はエディテージ・インサイトでお読みください」と言うことも可能です。記事のリンクを貼るのをお忘れなく!
  • 画像の再使用:我々の記事の写真を再掲載する際は、オリジナル画像の出典元から事前に許可を得るか、またはクレジットを明記することが必要な場合があります。
  • 手軽で便利な埋め込みコード:下記の埋め込みコードを使うと、この記事をあなたのホームページで簡単にシェアできます。

 

上記のコードをコピーし、ご自身のウェブサイトに貼りつけてご利用ください。

関連するカテゴリー

 研究者Q&A