英文校正・論文投稿エディテージ お見積もり・ご注文 論文執筆リソース Editage Insights オンラインシステム
BeFunky_Story No.jpg

エディテージのお客様ストーリー(3)可能な限りお客様のリクエストにお応えして

by • April 9, 2014 • エディテージのお客様ストーリーComments (0)1778

みなさん、こんにちは。エディテージのブランディング担当、アンジャン・センです。

さて、校正者は常に論文校閲することだけが仕事なのでしょうか?
たとえば、もし、お客様が校正者のサービスに含まれないプロセスをリクエストされてきた場合はどうでしょう?
今回は、このような場面に直面して、お客様のリクエストに対応したチームのお話を紹介したいとおもいます。
このストーリの登場人物は、プリヤンカを筆頭に、タリー、ティーナ、ラヘールから成るチームです。

あるお客様から原稿をPDFフォーマットでお送り頂きました。私たちはお客様のリクエストに応じて論文を校正し、校正済みの論文をお送りしました。その際、お客様のシステムではPDFファイルを開くことができない旨をお伝えいただきました。そこで、お客様から、PDFファイルのコンテンツをワードドキュメントに打ち直して欲しいとのリクエストをいただきました。

短めの論文でしたが、エディテージでは、通常、ワードにPDFの全コンテンツを打ち出すといったリクエストを通常は受け付けておりません。
そこで、校正チームは、すぐにこのリクエストを受けるかどうかを話し合いました。その結果、特例としてこちらのリクエストをお受けすることを決めました。その際に、論文のコンテンツを打ち出すのではなく、ワードのフォーマットに変換したあとに、再度校正を入れるというプロセスを踏みました。

担当者のプリヤンカは「必要なときに備えて、論文をタイプして準備してくれていたエリザベスには感謝しています。また、お客様のリクエストを受け入れるべきだと説得してくれたチームのみんなにも同様に感謝しています。そして、こちらのお客様からはとても喜んで頂いたフィードバックを頂き、とても嬉しく思っています!」と話しました。

次回のストーリーもどうぞお楽しみに!!

————————————————–

Anjan

アンジャン・セン/Anjan Sen
カクタス・コミュニケーションズ
グローバルブランディングチーム/アシスタントマネージャー
勤務地 Mumbai, India

>こちらのお客様のコンテンツ一覧はこちらから

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>