英文校正・論文投稿エディテージ お見積もり・ご注文 論文執筆リソース Editage Insights オンラインシステム
BeFunky_photo_2.jpg

長塚のディライトでないと(2)日本チームのご紹介

by • December 9, 2013 • スタッフブログ, 長塚のディライトでないとComments (0)2084

今回はエディテージのクライアント・デライト部のジャパン・チームに焦点を絞ってご紹介します。

クライアント・デライト部には、韓国、ブラジル、中国などの各マーケットに対応しているチームで構成されていますが、その中でも日本チームは一番大きく、日本人とインド人が協力し合って、お客様にご対応させていただいています。

日本チームのカスタマー・サービス・マネージャーは現在8名。お客様にお見積りを送付したり、納品をしたり、いただいた質問の回答窓口となったり、作業チームとの調整を行ったり、実に多くの業務をこなしています。

特に月曜日の朝は、たくさんのお問い合わせをいただいているため、みんなてんやわんやです。声をかけても、「ごめん、2分待って!」と言われることもしばしば…。マネージャーの戯言よりもお客様最優先! さすがです。

photo_1

忙しいアニー(手前)と、忙しくてもやっぱりカメラを気にするナンディタ。

日本チームでは、インド時間の6時半から20時半までが営業時間。実は日本語で対応している問い合わせのお電話もインドのムンバイと繋がっています。会話の途中でこちらがインドであることをお伝えすると驚かれる方もいらっしゃいますが、電話の向こうでは、12月でもカンカン照りの太陽のもと、リキシャがビュンビュン走る光景が広がっているのです。

photo_2

左から、カスタマー・サービス・マネージャのメリッサ、お客様電話担当の井上、メール翻訳担当のスリビディヤ。

午後になると少しずつ落ち着いてきますが、月末などの忙しい時期は本当に大変! そんな日が続くと、「私、昨日の夜、夢の中でお見積り作ってました…」なんてこぼすカスタマー・サービス・マネージャも。こんな出来事も、後々、笑い話として盛り上がります。

これから年度末に向かい、ますます忙しくなるカスタマー・デライト部、日本チーム。エディテージは皆様からのたくさんのご注文お待ちしています!
—————————————————————————————————-
kaori

長塚香織 /Kaori Nagatsuka
カクタス・コミュニケーションズ
エディテージ カスタマーデライト部 マネージャー
勤務地:Mumbai, India

>このライターのコンテンツ一覧はこちらから

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>