英文校正・論文投稿エディテージ お見積もり・ご注文 論文執筆リソース Editage Insights オンラインシステム
BeFunky_⑫英語論文の書き方セミナー.jpg

フーテン営業マン金子の大学巡り旅日記(3)東北の旅

by • February 4, 2014 • お得なお知らせ, フーテン営業マンComments (0)4034

みなさん、こんにちは。英文校正エディテージの事業推進部、金子です。
早いもので、もう2月に入りましたね! ちょっと前になってしまうのですが、昨年12月24日(火)~27日(金)に東北出張に行って参りました。
主な目的は、東北大学と山形大学のお客様を訪問することと、東北大学での「英語論文の書き方セミナー」の開催です。東北の寒さに負けず、精力的に周ってきました! 取りためた写真とともにご報告をさせて頂きます。


①E5系「はやぶさ」
お金に渋いことでは定評のある(?)我が上司に、出張時の指定席利用の可否を向う見ずにも質問したところ、思いの他あっさりとOK。プチ贅沢をして、全席指定の新幹線「はやぶさ」に乗車しました(^^)

①E5系「はやぶさ」

 

②    東北大学病院
今回の出張で最初のお客様訪問は、東北大学病院の先生。お忙しい中、会ってくださった先生は、当社の「論文投稿サポート」の中の「投稿ジャーナル選択」を高くご評価くださいました。先生が想定されていたターゲットジャーナル以外で、より適切なものを提案してもらえたとのこと。

②東北大学病院


③「東北の人は暖かい」シリーズ・1(宮城県知事公館)

東北大学病院から、東北大学・川内キャンパスに足早に向かう道すがら、歴史的建造物の宮城県知事公館を発見! 歴史好きの血が騒ぎ、写真をバシバシ撮っていると、中から迫ってくる人影が…! 怪しい中年男と思われてしまうのではないかと一瞬慌てましたが、「県の施設ですので、どうぞ中に入ってご自由にお撮りください」との優しいお言葉(T_T)

③「東北の人は暖かい」シリーズ・1(

 

 

④広瀬川
前回9月に仙台を訪れてから、はや3か月。緑が眩しかった広瀬川も、うっすらと雪化粧しています。

 ④広瀬川


⑤バスの車窓(仙台→山形)

東北に出張に来るようになって分かったことですが、仙台・山形間はバスが便利。20分に1本程度と頻発している上に、運賃も鉄道より安く、車両も快適。これでは、鉄道好きの私も、バスを選ばざるを得ません。今日は、仙台から山形へ日帰り出張。1時間の小旅行で山形に近づくにつれ、雪が深くなっていきます。

⑤バスの車窓(仙台→山形)
⑥山形大学・小白川キャンパス
1年程前に私の説明を聞いて、他社からエディテージに切り替えてくださったお客様を訪問。当社の英文校正サービスに御満足くださっているとのことで、ほっと一安心。写真は、山形駅へ向かうシャトルバスを待つ間、寒さに震えながら撮りました。

 ⑥山形大学・小白川キャンパス

⑦ 「東北の人は暖かい」パート2 (先生の林檎)
東北大学・文学研究科のお客様を訪問。「英語論文の書き方セミナー」のお話をしたところ、たいへんご興味をお持ちくださいました。「文系の論文には、主張があっても対話がない」というご意見で、理系の論文のように、論理的に文章を組み立てることの必要性を感じていらっしゃるとのことです。
お話は、「なぜ日本人は英語が苦手なのか」といったテーマにも及び、長時間の面談となりました。

⑦「東北の人は暖かい」シリーズ・2(先生の林檎)

最後に、テーブルの上にあった大ぶりの林檎を2個もにくださいました。カバンは、PCやカタログ等で既にパンパンの状態でしたが、無理矢理押し込んで研究室を後にしました。

ホテルに戻ってから、ナイフがなかったので、皮付きのまま丸かじりさせて頂きました。東北の方々の人柄のような優しい甘さ。先生、有難うございました!
 

⑧田舎うどん
店内はカウンター席に、無口なサラリーマンが2人だけ。私の啜りあげる鼻水の音のみが響く静寂の中、しみじみと噛みしめました。

 ⑪田舎うどん


⑨英語論文の書き方セミナー
東北大学・流体科学研究所を対象に、「英語論文の書き方セミナー」を開催。雨の中、約50人もの方々が、かけつけてくださいました。皆さん、ご参加頂きましてありがとうございます!

 ⑫英語論文の書き方セミナー

⑩花巻へ
任務を完了した週末、仙台から花巻へ小旅行をしました。自腹ですので、鈍行列車で移動です。

 ⑬花巻へ

 ⑪ 銀河鉄道の夜

花巻の街は、宮沢賢治の作品をモチーフとしたオブジェで溢れています。

 ⑮銀河鉄道の夜

⑫マルカン百貨店
昭和レトロに溢れた展望食堂で有名なマルカン百貨店を訪問。

 ⑯マルカン百貨店

 

⑬ マルカンランチ
こちらで昼食を。しめて650円也。

 ⑱マルカンランチ


⑭名物ソフトクリーム
老若男女を問わず、展望食堂に来た人のほとんどが注文するという巨大なソフトクリーム(150円)。地元の人は箸で食べていました。(後ろの店員さん達の服装で、メイドカフェと誤解されないよう!)

 ⑲名物ソフトクリーム

⑮新鉛温泉
花巻温泉峡の新鉛温泉「愛隣館」に日帰り入浴(800円)。幸か不幸か、混浴ではありませんでした…。

 ⑳新鉛温泉

東北の寒さがこたえたのか、帰京後すぐに風邪でダウン。年末は病床で過ごしました…。でも、東北のみなさんは優しかったです!次回は関西へ行きます。乞うご期待!

 

—————————————————————————————————-

kaneko.jpg
金子洋一 /Yoichi Kaneko
カクタス・コミュニケーションズ株式会社
英文校正エディテージ営業推進部
勤務地 Tokyo, Japan

 

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>