英文校正・論文投稿エディテージ お見積もり・ご注文 論文執筆リソース Editage Insights オンラインシステム
komatta

ギークに行こう!(2)眼精疲労を防ぐ愛用メガネ

by • January 4, 2014 • ギークに行こう!Comments (0)4989

みなさま、明けましておめでとうございます!
オンラインマーケティング(英文校正のエディテージ)を担当している宮本です。

前回に続いて、研究生活をより快適に、ハッピーに過ごすために役立つアイテムなどを紹介します。今年初のアイテムは、「Zoff PC」メガネです。

私は仕事柄、そして個人の趣味のせいで、1日10時間くらいスクリーンと向き合っています。研究者のみなさまも学術論文の締め切りなどが近づくと、それ以上にスクリーンと向き合っている時間が多いのではないでしょうか?

私はこんな生活をもう10年以上つづけていましたが、年齢を重ねるごとに、1日の終わりに感じる疲労感は増してきました。目が疲れてしおしお…。よく鳥が遠くで2羽並んで飛んでいるな~と思っていたのですが、それが目の疲労から来ているとわかったとき、人生を考え直そうかと思いました。

さかのぼる事1年半前。とある日、同僚が「ちょっといやらしい感じに色の入っためがね」をかけているのを発見。そういうキャラクターではないので、一体何が起きているのか、たずねてみたところ、PC用のメガネであることが判明!どうやらZoffというところのものらしい。

藁にもすがりたい思いであった私は早速検索。ネット上の評判は結構良かった。それならと、某銀座のマロニエゲートにあるZoffに向かう。そして購入したのがこちらのメガネ。

 

zoff

今はすっかり手放せなくなったPCメガネ

眼精疲労がたまっている割には視力は左右とも1.5なので、メガネというものを買ったことのない私は、どのデザインを買うかは店員の女性に丸投げ。わからないことはプロに任せるのが1番です。なんと、5分で決まりました。

さっそく購入後、会社でメガネを掛けてパソコンに向かってみます。

その日は、そもそも「メガネをかけること」が疲れました。なので実感ゼロ。それでもめげず、数日使っていたところ、徐々に目が疲れづらくなっている実感が出てきました。

夜になっても、目のしおしお感が明らかに違う、これなら後数時間仕事が出来てしまいそう! そんな変化を感じたのです。

このメガネは、目の疲れの原因となるブルーライト(可視光線で380~500nmの波長の光)を何割かカットすることで、疲労を減らしているとのことです。このブルーライト、とりわけLEDがバックライトとして使われているものでは強く発せられているということです。もしかするとこのあたりを専門に研究されている読者の方もいらっしゃるかもしれませんので、でしゃばりはこのあたりまでにしておきます。
論文を海外のジャーナルに発表する際は是非弊社の英文校正サービスをご利用ください。

最近では、色の入っていないクリアなもの(ブルーライトのカット率は若干劣る)も発売されており、色の入っているメガネに抵抗を感じる方にも利用いただけるようになっていますね。

この手のメガネ、Zoffだけでなく、JINSなどからも発売されています。眼精疲労、それを通り越して肩こりなどまで来ているような方がいらっしゃいましたら、お試しの価値アリです!

もしどなたか使っておりましたら、是非使用感を共有いただければ幸いです!下記のコメント欄にぜひご意見・ご感想をお寄せください。

——————————–

Y_miyamoto_1

宮本靖之/Yasuyuki Miyamoto
カクタス・コミュニケーションズ
マーケティング部 オンライン・マーケティングマネジャー
勤務地:日本

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>