英文校正・論文投稿エディテージ お見積もり・ご注文 論文執筆リソース Editage Insights オンラインシステム
BeFunky_Supriya.jpg

エディテージのお客様ストーリー(2)スプリヤのケース

by • April 2, 2014 • エディテージのお客様ストーリーComments (0)1725

みなさん、こんにちは。エディテージのブランディング担当、アンジャン・センです。

前回のイントロダクションに続き、今回からはお客様とエディテージのスタッフとのストーリーをシリーズとして紹介したいとおもいます。今回のストーリーの主人公はエディテージの論文投稿サポートのマネージャー、スプリヤ・シャンブハグです。

お客様のG様は、過去にエディテージ英文校正を何度かご利用して頂いたお客様です。

初めて原稿をご依頼頂いた際、G様は査読者コメントへの返信をどうやって書いていいかわからず、とても困っておりました。そこで、論文投稿サポートのスプリヤは、G様に査読者コメントへの返信方法をガイドすることにしました。このコンサルテーションを行うために、彼女はG様により良いご提案するために、G様の過去の論文を徹底的に読みました。そして、スプリヤはこちらのお客様と何度かディスカッションをし、修正作業を行いました。その後、再投稿をおこなったところ、G様の論文は無事、論文受理されました。

その当時のことを思い出し、スプリヤは、「お客様がお書きになった論文投稿チーム宛のすべてのEメールは、とても有難いことに、論文投稿サポートチームへの感謝の意がこめられていました。これまで、こんなにお客様に喜んで頂いた経験がなかったので、とても嬉しいですね!」

後日、こちらのG様から、ceo@editage.com宛に「今回の論文投稿のプロセスでは、論文投稿支援チームのみなさんには常にサポートしていただきました。特にスプリヤさんにはお世話になり、とても感謝しております!」という嬉しいEメールが届きました。

次回もお客様とエディテージのスタッフのストーリーをご紹介します。どうぞお楽しみに!!

 

————————————————–

Anjan

アンジャン・セン/Anjan Sen
カクタス・コミュニケーションズ
グローバルブランディングチーム/アシスタントマネージャー
勤務地 Mumbai, India

>こちらのお客様のコンテンツ一覧はこちらから

Pin It

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>